« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/09/18

園田・笠松遠征2

目覚めて外を見ると晴れ間が見える。
雨で移動は嫌だなと思っていたので助かるな。

まずは腹ごしらえに名古屋名物のモーニングを食べに散歩兼ねて出かける。

1_4
「ハセ珈琲店」
名古屋市西区名駅3-11-2
052-551-4847
07:30~20:30
定休 日曜・第一土曜

2_4
オグラトーストのモーニングサービス(アイスコーヒー400円+100円)

アンパンはよく食べるけどトーストでバターに小倉っていうのは初めて。
確かにこれはこれでありですな。

お腹も満たされてホテルを後にして向かったのは熱田。

1_5 2_5
かの信長公が桶狭間の決戦を前に勝利を祈願して立ち寄ったという熱田神宮。
勝利を祈願して!

1_6
そして向かった勝負の地、笠松競馬場。

地方競馬ファンにとっては伝説の名馬の発祥の地。

2_6
オグリキャップはここから駆け抜けて行った。
ただ、悲しい事に自分が競馬好きになったのは後年でありあまり思い入れ度はない。
3_4
むしろ最近の活躍馬ラブリーチャンが大井競馬とかで奮走してたのでこちらの方が。

4_3
そもそもここ笠松には昔、地方競馬ファンのサークル(パソコン通信)で知り合ったY
さんの地元で競馬場ランニングが出来るから来ないかとお誘いを受けた事が思い出。
その頃から名古屋から近い事もあっていつでも行けると思ってたら積み残しになってた。

5_5 6_3 7_3
場内をぶらついているとある事に気づく。
パドックが見つからない。
っていうかまさか馬場内にあるとは…。

8_3
味噌文化の地であるので、どて煮、トンチャン、味噌はんぺん。

1レース目こそ荒れたけどその後は堅めの配当続きで当るも損ををするというのが4レー
スも続く。
距離が1400メートルのレースが中心で11レース中8レースもあってやや飽きる。

財政的に厳しいのは分かるけどちょいと変化がないとなぁ。

やや負けたまま笠松競馬を後にする。

帰る準備をしつつ名古屋駅をぶらついていると新幹線の切符売場の長蛇の列が半端ない。
世間的に明日からのシルバーウイーク突入という事もあってか異様な混雑振り。
そんなもんで土産売場もメチャ混み。
結果的には笠松競馬を早目退散が功を奏したようで。

1_7 2_7
帰りの車内での…。
このコラボって実は前にもやってたりする
やはり美味ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/17

園田・笠松遠征

世間ではシルバーウイークに突入する週末を前にチョイと小旅行を敢行。
今から20年ほど前に始めた地方競馬巡りの続きみたいなもので。
その当時は全国で30カ所の競馬場があって全部制覇する意気込みだったけど…。
巡っている途中で閉鎖されたりして熱も冷めつつあって途中で断念。
いつからか全県制覇の旅が続いていたけどその最中に未踏の競馬場(金沢)に行ったり、
以前行って閉鎖された競馬場(かみのやま)とかで微妙ながら熱が出てきてまだ未踏の地
へ行くかと思い立った次第。
厳密にはナイター競馬に行く仲間との反省会での飲みの中で触発された部分が大きい。
日程的に併行開催しているので二つとも地域的には近いので行きやすいかなと。

出発時に土砂降りでやや肌寒い陽気で気乗りしないが乗車時刻には勝てず、いざ出発。
今回の目的には実は最初にメインイベントがあるようなもので。

三年前に訪れた地の再訪でもある。
あの暑かった夏の思い出で真っ先に浮かぶのは甲子園球場
甲子園球場のスタジアムツアーとして内部を見学できるというものでして。
詳細はこちらを。

料金の1500円には甲子園歴史館の入場料も含まれていて時間潰し兼ねて。
実は三年前には入場しなかったのが悔いが残っていて。

1
歴史館を入場して階段を上がるとボールがずらりと展示。
出場校の県別に並んでいる。
地元の神奈川県をパチリと。

2
反対側には横浜高校の松坂投手のユニフォームが展示。

3 4 
そして3年前に奪三振記録を更新した桐光学園松井投手の記念ボールが展示。
実は記録直後に展示したらしいので3年前に行ったときにはあったらしいんだな。
ちなみに今では楽天の同僚の安楽投手の球速記録ボールも並んでた。

5_2 6 7 8 9 
歴代出場校の有名どころのユニフォームが年代ごとに展示。

10_2
バックスクリーンウォークという唯一外に出る場所があり、文字通りバックスクリーンの
真下に出れる。
ここからの景色はひと味違うな。

館内では高校野球エリア、阪神タイガースエリア、廊下部分には野球漫画のパネルが展示
していて、子供の頃の阪神ファンで高校野球や野球漫画にハマった自分にとっては楽しい
空間。
時間潰しのはずが足りなくなってじっくりの観覧を断念。

集合時間になってスタジアムツアーのはじまり。
平日でしかも雨とあって2名での実施で案内するスタッフも2名とほぼマンツーマン。

11
12号門から入るとまずは阪神電車の切符で出来たトラッキー達のパネル絵。

12
3塁側ブルペンに案内され藤浪選手のレプリカのユニフォームを通す事に。
袖が6部丈位のでかさ。

13 14 15
阪神園芸(株)からみ。

16 17 18 19
3塁側のロッカールーム
(木目調は1塁側のパネル写真)

20 21 22 23

24 25 26
3塁側のベンチへ案内されいよいよ壮大なグランドへ!
ベンチ前の人工芝エリアはOKだが土のゾーンには絶対に入るな!とのお達し。
グランドに出た時に晴れ間が見えて気分的には爽快。

28_2 29_2
ギリゾーンからの風景

27  
ちなみにこのブルペンにも入ってはダメです。

31
3塁側のアルプスゾーンを案内される。
改めて下から見上げると傾斜がきついな。

30
ちなみに3年前は1塁側のアルプスで観てました。

32 33
レフトスタンド前を通って16号門を出て終了。
約50分の案内で満喫。

そそくさと阪神電車に乗り込み次なる目的地へ。

甲子園球場から園田までは30分弱で行けるので移動は楽。
園田駅から送迎バスが頻繁に出ているのは助かる。

1_2
ほどなくして着いたのは園田競馬場。

2_2 5_3 6_2
着いたらちょうど8レースが終わったとこだったので、場内をぶらぶらと。
残りは3レース分は参加できそうなのでほどよいかなと。

3_2  4_2
割と有名なタコ天とタマネギ天を注文。
頼んでから揚げてくれるのが何とも嬉しい。

10レースは重賞レースの園田プリンセスカップ。
7_2
レース後場内に動くヤツを発見。
振り向けば

8_2
SKNフラッシュ8 のぞみん。

9_2 
違って、そのたん。

12_2
レース後の表彰式に来ていたそうで。

10_4
ちなみにSKNフラッシュ8なる存在は全然知らなかったですわ。
そういえば場内をぶらついている時に地方競馬にな若い兄ちゃん達がチラホラいるなんて
珍しいなぁと思ってたらこれが目的だったのですな。

13_2
ちなみに馬券は最終の11レースを約50倍のゲットしてチョイプラスで終了

レース後、新大阪駅へ。
本当は園田駅から近い本店のある十三駅に行くつもりだったがやや面倒になったので。
というか、昼に着いた時に新幹線改札内に心魅かれるフードコートがあったので。

1_3
「ねぎ焼やまもと・新大阪店」
大阪市淀川区西中島5ー16ー1 JR新大阪駅 新幹線改札内 のれんめぐり内
06-6307-1167
10:00~21:10
定休無

2_3
すじねぎ焼(900円)
生ビール(480円)

ビールとの相性はばっちり!
ふわふわな生地の柔らかさ加減が絶妙でネギの香ばしさも最高。

新大阪から名古屋へ移動する。
名古屋は土砂降り。
雨の中の名古屋の繁華街をぶらつく事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »