« 2015年9月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/01/29

八咫 渋谷店

雨降る中、落語鑑賞に渋谷に出没。
落語といえば酒、酒ならばポン酒。
ということで知人から日本酒の立ち飲みバーがあるということで。
店の名前と場所を教わっていながら肝心のビルが今イチ分からず。
5分ほどさまよってようやく発見。
エレベーターに不安まじりに乗り込んで降りて着いたのがこちら。

八咫 渋谷店
東京都渋谷区道玄坂1-6 ILA道玄坂ビル5F
03-3464-0434
16:00~23:00(火~金)
15:00~22:30(土、日、祝)
月曜定休

扉も無くオープンなお店でカウンターの女性に導かれて入店。

Img_0627_2
おつまみを一品頼むのがルールということで。
(お通しやチャージなしというのが嬉しい)

Img_0631_2
チーズ入りポテトサラダ(酒盗入り)500円
ジャガイモをチンしてホクホクのマッシュポテトにカマンベールチーズと酒盗
(塩辛)の塩っ気と旨味が酒に合うなー。

Img_0626_2
60分利き酒コース 2000円
一杯50mlで同じ種類は一度きり。

何から頼むか悩んだのでカウンターのお姉さんにおまかせで。

Img_0624
スッキリということで。
隆 五百万石 純米吟醸 赤紫隆(神奈川県)

Img_0628
香りでおすすめということで。
鳥海山 無濾過生原酒 (秋田)

Img_0632  
酸が特徴的な酒で。
GOZENSYU9(NINE) レギュラーボトル(岡山県)

Img_0634_2
山廃でお勧めで。
一本義 山田錦生もと純米(福井県)

Img_0636
香りと旨味で。
中屋 純米生原酒 無濾過(静岡県)
馴染みの酒屋で紹介されて訪れた酒蔵(高砂酒造)の品だった…。

その馴染みの酒屋で試飲会をした、ある銘柄を聞いてみたら今日は置いてないと
の回答。
残念だと思っていたら十数分後に別の客が自分が聞いた銘柄を置いてないかの
質問でお姉さんも観念したのか渋々?出してくれたのが。
Img_0640
作 PROTOTYPE 無濾過 槽場直汲み 極微発砲(三重県)
いやはや旨いなこれは。

Img_0642  
玉柏 新春しぼりたて純米原酒(岐阜県)
今日飲んだ中で一番好みだった酒。
ずっしり、まろやか、切れる感じ、最高!

Img_0644_2 Img_0646
熱燗でお勧めされたのが。
昇龍蓬莱 純米吟醸 山田錦(神奈川県)

Img_0647
最後は作の同士?の客が旨かったって言ってたので。
神杉 特別純米酒(愛知県)

適度なほろ酔い?加減でタイムリミットとなり退散する事に。
カウンターのお姉さんも付かず離れず具合の接客のアンバイも程よかった。
感じのいい店で気に入りました。

そのあと志の輔らくごの演目二つ目で途中うたた寝したのは秘密です…!
Img051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/26

号泣

政治ネタとかはあまり書きたくはないんだけど。
あまりの情けなさ過ぎで。

どうみても精神年齢が子供。
というより、おこちゃま。

弁護士の悪知恵というより悪いのは他人のせいにする
精神構造。
まともな議論はできないし、反省もできないでしょう。
なぜなら自分が悪いとこれっぽっちも思わないのだから。

司法の判断にゆだねるけど世論が納得できる(本人の
精神病うんぬんぬきで)回答を出してほしいな。
それが民意の代表としての行動の結果だから。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/01/11

3号スタンド

大井競馬場には指定席がある。
以前は1号、2号、3号、4号スタンドの4棟があった。
1号スタンドが1コーナー近く。
2号スタンドがゴール付近。
3号スタンドがゴールの手前。
4号スタンドが4コーナー近く。

2gou 2gou1gou

スタンド工事の改修にて1号スタンドがLーWING。
去年の11月に改修にて2号スタンドがGーFRONTがオープンとなった。

3gou
そして3号スタンドが2015年の大晦日の営業をもって解体となった。
改修とならずに解体なので更地になる。
この3号スタンドは6月の帝王賞の時にはほぼ毎年指定席(500円)を取って観戦。
大井競馬場に通っていた頃には3号の500円席を取っていたもんです。
夏の頃にビールを片手に開放感のある指定席は好きだった。

お洒落なGーFRONTもいいけどノスタルジックな雰囲気の建物が4号スタンドだけ
になるのは悲しいなぁ。
それ以上に帝王賞と東京大賞典の指定席の争奪戦が激化して怖いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/01

新年カウントダウン寄席2015

去年に続いて今年も参戦。
去年と違うのは大晦日公演が二部制になった事。
クライマックス寄席とカウントダウン寄席の二部構成。
クライマックスが17時30分スタートで20時終了。
カウントダウンが21時スタートで0時15分で終了。

チケット予約の時に悩んだがやはり笑って年を越したいっていうのがあって。
(出演メンバーもややカウントダウンの方がよさげで⋯)
そんなわけで去年はあっさりと完売になったけど今回は意外にもゆとりがあった。

Yose15_1
去年と同様に会場から近い場所で福山雅治がカウントダウンライブ。
演者のくすぐりにも会場内の客層が高い事を話して笑いを取るっていう自虐ネタ。

Yose15_2 Yose15_3 Yose15_4
10者の演目で締めは志の輔、ドリンク付のイベントと去年と同じ展開。
落語だけでなく漫談や演奏もあって飽きさせない。

トリを務めた志の輔が去年の反省から5分残しという微妙な時間配分。
去年は10分近く余らせるという結果だっただけにまずまずかな。
でも本人曰く、酒を飲むシーンを少し長めに出来たと反省の弁。
ちなみに志の輔の演目は八五郎出世せず。

Yose15_5 Yose15_6
カウントダウンイベントからは写真撮影OKとなり。
2016年を迎えた同時にくす玉も割って、観客と一緒に乾杯!

Yose15_7
最後に三本締め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年9月 »