« 2016年1月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/23

佐賀旅行3

雲が多めの晴れで太陽が出てると暑い。
昨夜の祝杯でお腹もやや膨れ過ぎているので早朝散歩。
ホテルからすぐの虹の松原を散策。

1_8 2_8
クロマツ林をひたすら歩いていく。
散歩ミテャ曲がりくねっていたりするが、なにぶん同じ景色ばかり続くので2
キロ過ぎで引き返した。

3_5 4_3
5_4 6_3 7_3
帰り道は砂浜から。

最終日でもあり佐賀旅行の目的のいかを目指して呼子へ向かうことに。

Photo_4
浜野浦の棚田

1_9 2_9 3_6
波戸岬

1_10 2_10 3_7 4_4
呼子の朝市

お腹も減ってきたのでメインに向かうことに。

1_11
「いか料理専門店 いか道楽」
唐津市呼子町加部島3606
0955-82-5539
10:30~17:30
無休


いか活き造り定食(2894円)

2_12 3_8
いかの活き造りは山陰旅行以来だな。
飾り包丁で食感のコリコリ感と甘みが旨い。

4_5 5_5 6_4
いかはゲソ残しで下げられて天ぷらに。

お腹も満たされて帰路へ向かう。
福岡市内に入って車を走らせていたら西新の名が…。
「ゴリパラ見聞録」の出演者達の住んでる地。
チョイと車を止めてぶらつくことに。

1_12
ゴミゴミした感じで賑やかさがある。

2_13 3_9 4_6
ぶらついていたらまさかのコラボ?

思わぬ収穫で東京へ着くと雨降りだった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/22

佐賀旅行2

車を借りて大移動開始。
今日は佐賀県内をぐるりと行くので気合い十分で。
そんな移動途中で雨が降り始める。
予報では曇りのはずだったのに…。

1_2
三重津海軍所跡に到着。
ここをなぜ知ったかというと、世界遺産登録のニュースと「ゴリパラ見聞録
のロケ地になったこと。後者の方が最近だったこともあって。
そのロケ地の番組はDVD第5弾になるので。
詳しくはこちら

2_2
明治時代の海軍の造船や修理の技術があった場所だが保存のため埋められてい
るので、記念館でバーチャスコープを借りてパノラマ画像を観ることができる
のだが雨天で貸し出し禁止になったので、思いを馳せるしかない…。

1_3 2_3 3_2
ちょうど近くで神輿が出て人だかりが出ていたので追いかけることに。
珍しく船神輿もある。
後で調べたら例祭の日であった。
詳しくはこちら

昼時でお腹も減ってきたので向かうことに。
店に着く頃には雨もやんで一安心。

1_4
「井手ちゃんぽん 本店」
武雄市北方町志久1928
0954-36-2047
10:30~21:00
定休水曜(祝日の場合は翌木曜)

2_4
ちゃんぽん野菜大盛り(860円)
豚骨ベースのスープに炒めた野菜類もやし、キャベツ、タマネギ、青ネギ、か
まぼこ、ちくわ,豚肉)がどっさりでこれでもか、状態。
シャッキリ感があって味付けもあって飽きがこない。
チャンポン麺は中細でモッチリ感があって啜りやすい。

お腹も満たされたので近くの温泉をぶらつく。

Photo
武雄神社

Photo_2
武雄の大楠

Photo_3
武雄市図書館

1_5
武雄温泉大衆浴場

2_5
元湯(400円)
明治9年に建築された木造建築共同浴場で天井が高く広い浴槽で、あつ湯とぬ
る湯の二つがある。
詳しくはこちら

さっぱりしたので今宵の宿近くに向かうことに。

1_6 2_6 
唐津城

3_3 4 5 6
天守閣から見る風景がなかなかのもので。

歩き回ってやや疲れたのでホテルで一息。
朝方の道中で通りかかった佐賀競馬場で本日の場外販売で大井競馬場の重賞が
あったので馬券購入していた。
結果を見たらなんと、

20160922ooi11r_2
3万馬券が当たった!

早速、祝杯をあげねば。
ってなわけで急遽夕食の店を変更して向かったのが。

1_7
「佐賀牛 なかむら」
唐津市浜玉町横田下954
0955-56-8866
11:00~15:00
17:00~22:00
不定休

佐賀牛ロースコース150g(7,650円)

2_7 3_4
まずは祝杯。

とはいっても車で来たので自重してノンアルコール。

4_2 5_2
前菜やサラダの登場。

ここから目の前の鉄板で焼いてくれるスタイル。

6_2  
ついにメインの登場。
噛むと解けるような甘味がスゴイ。

7_2
佐賀牛を使った炊き込み御飯。

8
デザート

お腹も満たされて唐津の夜は更けていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/21

佐賀旅行1

仕事を定時まで作業してそそくさと退散して身支度してから旅路へ。

本当ならこの佐賀県はすでに訪れている地なのである。
20年近く前になるのか、その頃、地方競馬場巡りというのをやっていて北海
道から九州まで全国で30競馬場あったんだな。
その中で九州の三競馬場として佐賀競馬場と中津競馬場(廃止)と荒尾競馬場
(廃止)を訪れたことがあった。
その後も友人と九州旅行で来たときも佐賀競馬場に寄って友人が馬券を当てて
勝ってた。
ともかく佐賀県は競馬場だけしか行っていなく、伊勢旅行の時(三重県では鈴
鹿サーキットのみだった)と同様に、佐賀の名物の佐賀牛であったりいか刺身
であったり見所もあるので行っておくことにしたわけで。

さて目的の地に乗るのはJAL便。
久々に羽田の地へ。
搭乗手続きも無事に済ませて一路、福岡へ。
本当は佐賀空港に行く手もあったけど便の数が圧倒的に多いしレンタカーも借
りやすいので。
二時間で福岡へ到着。
7年ぶりの福岡の地。

福岡空港の最大の利点が地下鉄の移動ですぐに博多駅や天神へ出れること。
まずは空腹でもあるし。

1
「博多一双 博多東本店」
福岡市博多区博多東3-1-6
092-472-7739
11:00~24:00
不定休

22時近くだというのに混雑して10人ほど並んでるが回転は早い。
店内は豚骨臭が漂う

2
味玉チャーシューメン(850円)

泡立つ豚骨スープ、濃厚かと思いきや意外にスッキリ、旨味かつ甘みがある。
チャーシューはバラ肉の薄めスライスでややトロミがある。
味付玉子は半熟で味付け加減が絶妙によかった。

3
替玉(100円)
禁断の替玉を。
ここで生姜を投入したのだが紅ではなく着色がないタイプ。

お腹も満たされて博多駅前をぶらつく事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年10月 »