2016/01/29

八咫 渋谷店

雨降る中、落語鑑賞に渋谷に出没。
落語といえば酒、酒ならばポン酒。
ということで知人から日本酒の立ち飲みバーがあるということで。
店の名前と場所を教わっていながら肝心のビルが今イチ分からず。
5分ほどさまよってようやく発見。
エレベーターに不安まじりに乗り込んで降りて着いたのがこちら。

八咫 渋谷店
東京都渋谷区道玄坂1-6 ILA道玄坂ビル5F
03-3464-0434
16:00~23:00(火~金)
15:00~22:30(土、日、祝)
月曜定休

扉も無くオープンなお店でカウンターの女性に導かれて入店。

Img_0627_2
おつまみを一品頼むのがルールということで。
(お通しやチャージなしというのが嬉しい)

Img_0631_2
チーズ入りポテトサラダ(酒盗入り)500円
ジャガイモをチンしてホクホクのマッシュポテトにカマンベールチーズと酒盗
(塩辛)の塩っ気と旨味が酒に合うなー。

Img_0626_2
60分利き酒コース 2000円
一杯50mlで同じ種類は一度きり。

何から頼むか悩んだのでカウンターのお姉さんにおまかせで。

Img_0624
スッキリということで。
隆 五百万石 純米吟醸 赤紫隆(神奈川県)

Img_0628
香りでおすすめということで。
鳥海山 無濾過生原酒 (秋田)

Img_0632  
酸が特徴的な酒で。
GOZENSYU9(NINE) レギュラーボトル(岡山県)

Img_0634_2
山廃でお勧めで。
一本義 山田錦生もと純米(福井県)

Img_0636
香りと旨味で。
中屋 純米生原酒 無濾過(静岡県)
馴染みの酒屋で紹介されて訪れた酒蔵(高砂酒造)の品だった…。

その馴染みの酒屋で試飲会をした、ある銘柄を聞いてみたら今日は置いてないと
の回答。
残念だと思っていたら十数分後に別の客が自分が聞いた銘柄を置いてないかの
質問でお姉さんも観念したのか渋々?出してくれたのが。
Img_0640
作 PROTOTYPE 無濾過 槽場直汲み 極微発砲(三重県)
いやはや旨いなこれは。

Img_0642  
玉柏 新春しぼりたて純米原酒(岐阜県)
今日飲んだ中で一番好みだった酒。
ずっしり、まろやか、切れる感じ、最高!

Img_0644_2 Img_0646
熱燗でお勧めされたのが。
昇龍蓬莱 純米吟醸 山田錦(神奈川県)

Img_0647
最後は作の同士?の客が旨かったって言ってたので。
神杉 特別純米酒(愛知県)

適度なほろ酔い?加減でタイムリミットとなり退散する事に。
カウンターのお姉さんも付かず離れず具合の接客のアンバイも程よかった。
感じのいい店で気に入りました。

そのあと志の輔らくごの演目二つ目で途中うたた寝したのは秘密です…!
Img051

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

イタリーノ

横浜の古くからある洋食屋です。
B級の中でもここは王道かつ古き良きチープさが醸し出してます。
1_4  

 
 
 
 
「イタリーノ」
横浜市中区福富町仲通3-4
045-261-6721
12:00〜23:30(ランチは12:00〜15:00)
日曜定休

福富町という不眠の町の中にこじんまりとしたたずまいで庶民層に愛され続けてい
るお店です。
初めての方には非常に入りにくい雰囲気で、狭い店内はスナックかと思わせます。
なにしろ一人当たりのスペースは狭くカウンター含めて16名ぐらいがぎっしりと
ひしめきあってて、ランチ時は相席は当然!
厨房もせまく二人の調理人が絶妙のコンビネーションで作業してます。
看板にはイタリア料理と書かれているけどメニューはナポリタン、マカロニグラタ
ン、ハンバーグ、ミックスグリル等々どうみても洋食屋。
ナポリタンにいたってはアルデンテを通り過ぎた茹で加減でそれをドゥミグラスソ
ースをベースに海老とアサリで炒めに炒めたクセになる味わいで、ジャンカーが後
を絶たない。
なにしろ、ここの名物であるランチ時にも頼む客がちょこちょこいるほどで。

その名物のランチは少し前まではワンコインの500円だった。
さすがに物価高騰の波には勝てず値上げしたけどそれでも50円アップ。
もう経営努力というかその姿勢に頭が下がりますわ。
ランチのメニューは下記の固定メンバー。

  •  月曜 ハンバーグと魚フライ
  •  火曜 カニコロッケ
  •  水曜 ポークカツ
  •  木曜 ハンブルジャワーズ(ミニハンバーグにゆで卵スライスのせ)
  •  金曜 エビフライとチキンカツ
  •  土曜 ポークカツと魚フライ

2_4  
 
 
 
 
 
よく行くのが土曜のランチ。
『ポークカツと魚フライ』(550円)。
これに付け合わせにスパが付いてカレー味でしてこれまたジャンカーがいる。
なにしろ付け合わせのスパ大盛と頼む客がちらほら。
ポークカツはドゥミグラスソースがかかったサクサク感が強めの揚げ過ぎてるけど
薄めのカツに濃いめのソースが合うんだな、これが。
魚フライとカレースパがボリュームに輪をかけてくれる。
付け合わせのキャベツもどっさり。
満腹というか膨満感に襲われること、必至です。

ちなみにライス大盛にする人はそれなりの覚悟してくだされ。
通常の盛りでも他店以上なだけに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/07

ア マシケラ

たまーに、本格ナポリピッツァを食べたくなることがある。
横浜にはいくつかイタリア料理屋があって本格的な店もあるけど時々足を運ぶのが
横浜駅西口にあるこちら。 
1_3  

 
 
 
 
「ア マシケラ(A Mascara)」
横浜市西区北幸2-12-26
045-290-0890
11:30〜14:30 18:00〜22:00(土日祝は11:30〜15:30 18:00〜23:00)
月曜定休

新横浜道路にぶつかる新田間川沿いにあって系列のイタリア料理店と横並び。
白を基調とした清潔感ある店内で大きな窓も有り開放的。
カウンターもあるし、暖かい季節はテラスでも食べることが可能。
(ただし車がよく通る抜け道なので…)

2_3  
 
 
 
 
 
『平日ランチ・ピッツァ マルゲリータ』(1200円)
ランチで王道であるマルガリータを注文。
小皿のサラダはドレッシングが油・酸味もあまりきつくない。
薪窯で焼かれたマルガリータは生地のふわふわ感とサクサク感が絶妙。
トマトソースも控えめながら旨く、単純な中身だけに余計に旨さが引き立つ。
駅からチト離れているのがなんともですが、スタッフも好感でイイ店ですぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

川崎競馬場

川崎競馬場というとかれこれ10年以上も前から年に数回は訪れております。
ナイター競馬があるというのも理由ではあるけど。
ここに来たら必ずといっていいほど口にするシロモノがあります。 
1_2 2_2

 
 
 
 
 
パドック脇にあるアオイスポーツの売店の『焼きそば』(400円)
この川崎競馬場の名物といってもイイです。
なにしろ焼きそばで行列が出来る店ってなぁ。
ここの特徴は盛りのよさとスパイシー。
今でこそ蓋付きのプラケースに入れられているけど、ちょっと前までは発泡のトレ
ーにそれこそこれでもか、これでもまだ足りねーかっていうくらい盛りつけられて
てあやうく二つ頼むと持ち運びに苦労したしなぁ。
もちろん、今でも盛りはビッグです。
それとこの味わいの特徴がスパイシーなのがGABANを調理中にこれでもかーって
振りまき、そして桜エビの風味が健気に単色にさせない仕事してます。
値段と味わいは間違いなく今まで訪れたことのある競馬場ではトップです!
いや、コストパフォーマンス的に通常のお店でもここに勝てるのはそうはないと、
思うなぁ。
最近では馬券を買うことよりもこの焼きそばを食べるのを目的になってるような。

3_2 4_2 
 
 
 
 
 
そしてもう一つ口にするシロモノがその売店の左手にあるショップ。
こちらはラーメンやらフライドチキンやらあるけど、ここはコロッケ(150円)。
手作りコロッケでここのもボリュームがあってこれまたスパイシー。
普通はソース派ですがここのは塩でいただきます。
ホクホクした食感はなんか郷愁を感じるなぁ。
この二つを食べるだけでそれこそお腹一杯になり、肝心の馬券の方は財布が空腹に
なる有様でして…。

そうそう、3号館2階にある「たんめん」も有名です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/11/01

アナンダ

横浜駅界隈をチャリで通りかかった時に気になってたスープカリーのお店。
ジャズが流れてる店内はカフェの雰囲気。 
1

 
 
 
 
 
「アナンダ」
横浜市西区平沼1-33-24 咲久良ビル2階
045-316-1288
11:00〜15:30 17:30〜22:00(土日祝は11:00〜22:00)
月曜定休

スープカリーを食べようと店の中に入ったら他のお客が食べてるのが気になり違う
メニューに変更。

2 34
  
 
 
 
 
『キーマカリー・ランチセット 大盛 3辛』(1,350円)
スパイスと合い挽き肉を炒め、ひよこ豆をと玉葱の上に焼きチーズと生玉子を乗せ
て、熱々の鉄板で出てきて、ライスは別盛り。
3辛はこの店では標準だけど他のお店の普通よりも辛い。
キーマが熱々の鉄板だけにライス別盛りでないとなぁ。
熱さと辛さが徐々に汗をかかせてくれて、玉子を崩して甘味が中和してくれる。
5   

 
 
 
 
汗をかいた後は山ぶどうのアイスクリームが口直しでさっぱりとしてくれたとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/26

東京カレー屋名店会

ブログでも書いたけど去年、レーシックの手術を受けるためににちょこちょこ、有
楽町イトシアに行ってました。
その時々でイトシアのフードアベニューに寄ることもあって、カレー好きの身とし
てはコンセプトショップが気になって食べに行ったりしてました。
手術後、あまり有楽町界隈に行く機会も減ったのでご無沙汰しとりました。
そんなこんなで市ケ谷に出張することになって帰りに有楽町に行く用事もあったの
で久々に寄ることに。

「東京カレー屋名店会」
有楽町イトシア フードアベニュー 地下1階
03-3211-0616
11:00〜23:00
不定休(有楽町イトシアに準ずる)

5店のシングルメニューにするか、セレクトメニューにするか、と悩んでいたら、
カレー好きの身としては気になるメニューが!

Photo  
 
 
 
 
 
 『ビーフビーフキマ』(1,300円)
オープン一周年を記念して出来たオリジナルメニュー。
牛だけの挽肉にポテトで盛られたライス。
これだけでもギュウギュウした食感が楽しめるんだけど、ビーフのルーをかけると
風味も変って二重の楽しみ。
このビーフのルーがサッパリしつつ奥深い風味がある。
テナント的に値段が高めなのがチト残念ではあるけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

生しらす

遅れた夏休み。
この時期に休暇を取ったのは旅行で値段も下がるだろうと考えたわけで。
本当ならどこかへ行くつもりだったけど9月はグルメ三昧出張三昧。
体重もかなり、というより相当ヤバイので短期合宿的に絞ることに変更。
ただ体を動かして食事を制限するだけだと絶対に反動が来るのは重々承知。
そこで運動のご褒美にランチだけは贅沢可にすることにした。

はてさて、UHF系列で放送している「走る男」という番組がある。
森脇健児が北海道から日本縦断で走って沖縄を目指すという企画。
春頃になにげなく見ていたら東北エリアだった。
しばらく見忘れていたんだけど、最近見たら首を負傷して走れない森脇に代わって
東京エリアを視聴者のランナーが駅伝という形でフォローしていた。
そのゴールが横浜のみなとみらいだった。
そこに森脇健児が迎えに来てタスキをもらって走り続けることになった。
翌週の放送からはみなとみらいから鎌倉方面に向かって走って、そこで食べてた、
しらす丼が非常に旨そうだった。
そんな矢先、某ミクシー仲間で中学時代の悪夢を思い出させる記事があった。
中学の時に横浜から相模湖までのチャリでの日帰り強行軍。
若気のいたり、怖い物知らずだから出来たネタだと封印していた。

そんなこんなで火がついた。
チャリで生しらすを食べに行こう!
片道30キロほどチャリを漕いで目指しましたわ。
腰越海岸まで…。
2時間弱でアップダウンも上記の相模湖まで比べるとたいした数もなく、秋晴れと
いう好天がちょー気持ちイイ
Photo 
 
 
 
 
 
腰越で有名なお店にうかがうと生しらすは漁からまだ戻ってないとのことで。
確実に入るかどうかは分からないとのこと。
ひとまず、江ノ島のもう一つの候補店に向かうことにした。 
1

 
 
 
 
「とびっちょ」
藤沢市江ノ島1-6-7
0467-33-0363
11:00〜21:30
木曜定休

店に着くと生しらすは未入荷で提供出来ないとのこと。
やむなく釜揚げかかき揚げで仕方ないわな。
順番待ちでしばし並んでいると漁からの出荷が届いたらしい。
一部のメニューで生しらすは付くとのこと。
2

 
 
 
 
 
『とびっちょ丼』(1800円)
いわゆる海鮮丼で本当は酢飯なんだけど酢が苦手な動物としてはそれはままならな
いので白米に変更してもらい注文。
出てきた丼に取れたての生しらすが”こんにちわ”している。
3

 
 
 
 
 
店の人に生しらすはショウガポン酢でと言われたのでショウガ醤油を垂らして口の
中に入れるとほのかな甘味が広がりショウガとの相性もばっちり。
やはり青モノ系にはショウガ醤油がバッチシだな。
丼には卵焼き(シラス入り)やアナゴ焼、マグロ、サーモン、かんぱち、うに、イ
クラ、千切り野菜(マヨネーズかけ)が入っている。
かなりの量でちょっと驚いたけど、多彩な味が楽しめてほどなく完食。
なにげに一緒に出てきた岩のりの味噌汁が美味。
満腹中枢も満たされ、ほどなくしてチャリは由比ヶ浜に向かう。

秋晴れといっても炎天下は暑い、しかも海辺でのチャリだし。
でもでも、ちょー気持ちイイ
由比ヶ浜の交差点に着いて驚いたのがマクドナルドが無くなってた。
マクドに思い入れはないけどここの店舗って売り上げがトップクラスって聞いてた
んだがなぁ。
そんなこんなで着いたのが。 
Photo_2

 
 
 
 
 
「鶴岡八幡宮」
ここに来たのって中学の遠足以来か、親戚が来た時の案内以来か、どちらにしても
相当久々。
ちょっと前に広島で宮島に行ったこともあるし、せっかくだからお参り。
その後で駅前の商店街をぶらついてから帰路へ。
もちろん、30キロ弱の道のりである。

ただし、中学の時と大きく違うのは帰り際に銭湯に立ち寄って疲労を癒したってこ
とかな。
ジャグジーがちょー気持ちイイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/08

ミスターデンジャー

ミスターデンジャーと言って、とあるプロレスラーがすぐ浮かぶ人はプロレス全般
に愛着や知識がある人でしょう。
私がそのレスラーの名前を知ったのは多分週刊プロレス雑誌だったと思う。
それなりの知識は得ていたが、いかんせん当時はインディという世界のプロレスに
さほど興味がなかったのであまり感心はなかった。

プロレスは観るのも好きだけどやるのも好きである。
ただしこの場合のやるというのは、実際にやるんではなくTVゲームである。
色々やってきたけど、最高峰はファイアープロレスリング(略ファイプロ)ですな。
まぁ、こちらには書きだすとキリがないのでくわしくはこちらを。
このゲームには魅力要素があって、レスラーが隠れているのとエディットでオリジ
ナルレスラーを作ることが出来るのである。
全てのレスラーを出さないと全ての技を使う(エディット用)事が出来ないのだ。
全てのレスラーを出すには色々条件があったけど、たしか通常出てくるレスラーか
ら全て勝てば出せるっていうのがあって、義務感でひたすら勝ち続けてた。
そんな中でバットを振り回すデンジャー松原というレスラーがいたのを覚えてる。
モデルになったのは、松永光弘というプロレスラー。
ストロングスタイルというプロレスが最強と信じていた(いつまでだろう?)自分
には完全に亜流の世界だったけど。

そんな関心も特に深くもないレスラーであったけど試合をしながらステーキ店を経
営しているっていうのはプロレス雑誌やテレビとかに出ていて気にはなっていた。
だけどいつしかそんなことすら忘れていた。

たまたま中央線界隈に出張する機会があって、ステーキでも食べたいなって思って
検索したら彼の店がまだ営業してるのが判明、しかも亀戸にあるではないか。
ってなわけで、夕方までの阿佐谷での営業出張も終えて一路、亀戸方面を目指す。

東武亀戸線の東あずまに店はあります。
「ステーキハウス ミスターデンジャー 立花本店」
東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
03-3614-8929
17:00〜0:30
水曜定休

1_3  
 
 
 
 
 
店の中に入ると調理場からミスターデンジャーこと松永氏から「いらっしゃいませ」
の挨拶に感激してしまう。
雑誌とかで見たことのあるレスラーがこんな間近にっていう単純さだけど。

2_4
 
 
 
 
 
『デンジャーステーキ200g(1.600円)+セット(200円)』
ミスターデンジャーこと松永氏が自ら調理場に立ってステーキを焼く。
カットされて出てきたステーキはシンプルに焼いてあり(ニンニクは注文時に確認
される)、味付けは自分の好みで自席にある4種類のソースを使う。
ミディアムレアでもあるけど柔らかくあっさりと入ってしまう。
これなら300gでもよかったな。(全盛期なら間違いなく400gだった)
セットはライスとサラダとスープ(3種類の中からカレーを選択)。
コストパフォーマンスも高く、地元のお客も次々と入ってくることから密着してい
る店ではありますな。
もう少し近くにあると通いやすいけど秋葉原方面に行った際には寄るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/07

かにチャーハンの店

大宮駅にはecuteという駅内にショッピングタウンがある。
その中に気になってた店のひとつにかにチャーハンの店」がある。
燃える炎、踊る米というキャッチフレーズ通り、店内の厨房ではフライパンを振り
回し、米を飛翔させてるシーンに遭遇出来る。
4月の大宮出張の帰りにはテイクアウトして湘南新宿ラインの車中で堪能した。
米がパラパラでべとつかないチャーハンに久々に遭遇。
ただし名物のかにチャーハンは衛生上からかテイクアウトの対象外だった。
その時はたしか『半熟たまごのかに玉チャーハン』だった。

今回、営業の仕事も終わって時間にゆとりもあるので店内で食べることに。

さいたま市大宮区錦町630 ecute大宮
048-648-8762
7:00~22:30
年中無休

1_2  

 
 
 
 
『かにチャーハンの大盛』(値段は失念) 
2_3  

 
 
 
 
パラパラの米にカニの身がどっさりと。
わっふわっふと掻っ込む。
熱い米にカニの風味が見事に絡み合う。
いやはや旨いなぁ、これは。
大宮に来たらまた寄るかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

後楽そば

駅の立食いそばって一時はよく使ったものでしたわ。
それこそコンビニとか今ほど点在していなかった、その昔。
駅の構内で色々お店ができたりしてそんなに立ち寄る機会が減ってしまったんだな。

とはいえ気になる情報が入って、立ち寄りたくなった次第でして。
寄ったお店は 
1_3  

 
 
 
 
 
「名代 後楽そば 有楽町店」(JR有楽町駅 日比谷口)
東京都千代田区有楽町2
03-3201-2634
24時間営業
無休

このお店の特徴はなんといってもメニューにある。 
2_3  

 
 
 
 
 
メニューボタンをよく見てみると立食いそばにあまり見かけないボタンがある。 
3  
 

 
 
 
 
やきそば

そう、このお店は珍しくやきそばがおいてあるのだ。
しかもお客の注文の大半がやきそばになってるそうで、その筋では有名店。

4  
 
 

 
 
 
当然ながら迷うことなく『やきそば大盛』(440円)
前に入っていた客も大半がやきそばって事で常に作っているようである。
程なくして出てきたけどまさに屋台のやきそばって感じ。
シンプルながら麺にソースが絡んでて濃厚な味わいと香りが鼻腔と口内を刺激する。
カウンターの刻みねぎが入れ放題なので味に変化が付けられるのも面白い。
やや麺にベッタリ感があったのは残念だったけども、こういった場所で個人的に大
好物なやきそばに遭遇出来たことは幸せである。
この近くにB級グルメの王道なお店があるようで、ちょっと前にレーシックを受け
に来てた時に気付けば楽しめたんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧