2007/12/16

レーシック

近視、メガネ、コンタクトレンズ。
この言葉や道具との付き合いは人生の半分以上になる。
もともと小学生時代は両目とも1.2以上の視力があったもので。
中学2年から視力が落ち込み、3年生になって矯正具を使う羽目に。
着替えや風呂、スポーツの時のメガネの煩わしさ。
旅行や強風時や冬の乾燥時でのコンタクトの煩わしさ。

レーシックという響きは10年以上も前に聞いたことはあった。
手術で視力が回復するならやってみたい。
でも万一失敗や副作用的な何かがあったらと心配と費用の高さが壁だった。

今年の4月に来た同僚さん(私の一つ下の年齢)から今年の1月にレーシックの手
術を受けて快調そのものの話しを聞いて興味から願望へと変わっていった。
でも決心が中々つかずじまいで過ごしていた。

クリニックへ電話しようと決心したのは11月の上旬。
例の同僚さん達と飲んで、帰宅時にコンタクトを外した時に酔っ払いながら15分以
上も探してて、「この煩わしさから解放されたい」そんな思いからであった。
電話したのは翌日。
事前検査と手術日と翌日検査の予約。

事前検査は3時間ほどかけておこなうものでハードコンタクトだと2週前から外し
てないといけないので大阪出張の時からメガネ生活に。
出張明けの月曜にメガネで出勤した時に同僚さんから「決心したんですね」と言わ
れ苦笑い。
12月7日(金)の昼に有楽町へ向かいました。

向かった先は
品川近視クリニック
同僚さんが受けた場所で彼からの紹介ということで。
視力検査や角膜の形状や厚さまで点眼麻酔も含めて3時間かけて行う。
検査した翌日から手術が受けられるので金曜の午後に人がたくさんいるのは、その
週末で全てを行うからなんでしょうなぁ。
私目は14日(金)に三軒茶屋での出張があるからその帰りに手術を受けることに。
事前検査では特に異常がなく手術可能との結果。
ドキドキの一週間を過ごすことに。

それにしてもメガネ生活での3週間になったわけだが肩&首の凝りがひどかった。
弱めの矯正で造ったせいもあるんだけど。

12月14日(金)の夕方に有楽町へ向かいました。
前日が職場の忘年会で良かった。
今日だったら参加出来なかったっていうのもあるけど、前日ドキドキ感が強くて寝
つけなかっただろうし。
同僚さんと一緒の出張だったので直前まで色々手術関係の話しを聞いておいた。

手術ではまず角膜の上皮にフラップ(ふた)を作成するけどその時に通常時よりさ
らにぼやけて見づらくなるので不安になると。
そのあとでレーザー照射で水を流しながらおこなうと。

手術の前にまずは検査で事前検査とズレがないか確認。
お金を支払って手術後のアフターケアの話しを受けてから5人のグループとなって
手術のある階に一緒に連行。
投薬と点眼麻酔をして安静室で目をつぶりながらしばし待つ。
次々と呼ばれていくのをカーテン越しに聞きながら胸が高まってるのが分かる。
いよいよ呼ばれ再度の点眼麻酔を受けいざ出陣。

フラップ室でベッドに寝かされ瞼を閉じないように固定されレーザーメスが。
缶詰めを缶切りで開けていって最後の部分だけ残す感じみたく円形でレーザーが当
てられているのが感覚で分かる。
「順調です」「順調です」「順調です」「順調です」この響きをかけられながらな
ので安心感は高め。
右目が終わったら左目にも同じ作業。
終わった時はやはり靄がかったようで非常に見づらく不安にはなった。
今、地震とか停電と起きたら非常にやばいよなぁ的な。
フラップ室からレーザー照射室への移動時には看護士さん(女性)が腕を抱き寄せ
ながら誘導してくれ、「もう少しの辛抱ですよ」的な事を言われたら、頑張るしか
ないっしょ!

レーザー室前でしばし待たされてから呼ばれて中へ。
緑と赤の光が機械から見えるけど本当のレーザーは肉眼では見えないらしい。
見える光に着目しながら水を目に流されついに始まる。
焦げる匂いがしながら30秒くらい右目にレーザーを当てて終了。
くっきりではないけど視力が戻りつつあるのは分かる。
次に左目にも同じ作業。
終わって安静室で20分ほど安静。
手術後の検査で異常がない事を確認して、点眼液の使用法の説明を受け帰宅へ。

クリニックのあるイトシアビルから有楽町駅に向かってる時に視界に入るネオンが
紛れもなく自分の目でくっきりと見える喜びはなんとも。
ただし、手術後から翌日検査までの外出時は保護メガネ(矯正無しのゴーグル)を
付けなければいけないのでにわかメガネッコではある。
それと1時間おきに点眼を寝るまでに4回しなければいけないのがなんとも。
とはいえ目という大事な箇所なのでいたしかたない。
点眼麻酔が切れてきたので痛みと手術の影響でドライアイ化してるのでコンタクト
装着時のような違和感があるのでやや不安。
寝る前にはプラスチックの眼帯をテープで固定して寝てる時に目をいじらないよう
する作業が。

12月15日(土)の昼に有楽町へ向かいました。
起きたら視界クッキリにはすぐではなくじわーって感じでクリアに。
違和感は昨日ほどではないもののまだドライアイ気味でもある。
クリニックに着くと昨夜一緒に受けたグループの人がいたので軽く挨拶。
翌日検査では視力は右目が1.5、左目が1.2に回復。
目の検査では異常がなく、この後の一週間で特に問題がなければスポーツは球技と
か水泳以外のモノなら可能とのこと。(球技とかは1ヶ月禁止)

検査後、私用でうろつき回って夜に帰宅となったけどその時に見えた星空に感動!
冬場ということで夜空の視界もクリアということもあるんだろうけど。

『スーパーイントラレーシック』体験者

| | コメント (1) | トラックバック (2)